将棋初心者がまず覚えるルールを1つ解説。【強くなる4つの方法】

将棋

本記事ではこんな疑問お答えします。

  • 将棋初心者がまず覚えるべきルールは?
  • 将棋のルールを覚えるコツはあるのかな?
  • 将棋が強くなる方法がしりたい。

 
 

本記事を書いている私

  • 将棋を敬愛して8年になります
  • 将棋関係の文献を300冊読破
  • 将棋の棋力は1級

 
 

また、本記事では私の体験談を盛り込んで解説している部分もございます。

 
 

なので、初心者だった頃の自分に向けて記事を作成している節がありますので、ご了承下さい・・・・

 
 

それでは、本編へどうぞ。

 
 

将棋初心者がまず覚えるルールを1つ解説

 

    将棋初心者がまず覚えるルールは、駒の動かし方です。

 

なぜなら、駒の動かし方が分からなければ、対局が成り立たないからです。

 

もう本当にまずは駒の動かし方です。これにつきます。

 

とにかく、まずは駒の動き方のルールです。

 

戦法とかは覚えなくても良いの?

 

    結論:覚える必要があります。

 

ですが、それもまずは駒の動き方が最優先です。

 

なぜなら、駒の動き方が理解出来ないと、戦法を理解する事は99.999%不可能だからです。

 

戦法に関する知識はあとからでも十分間に合います。なので、まずは駒の動き方から勉強して下さい

 

というわけで、駒の動かし方を解説していきます。そして、将棋ではそれぞれ、駒によって動き方が異なっています。

 

王将

 

周りに1マスずつ動けます。

 

飛車

 

前後+左右にどこまでも動けます。

 

角行

 

斜めにどこまでも動けます。

 

金将

 

斜め後ろ以外の周りに1マス動けます。

 

銀将

 

横+後ろ以外の周りに1マス動けます。

 

桂馬

 

相手の駒を飛び越して2カ所動けます。

 

香車

 

前にどこまでも動けます。

 

 

1マスだけ前に動けます。

 

【成る】と、動き方が変化します

 

知っている方居るかも知れません。

 

将棋では【成る】というルールがあるのですが、それを満たすと駒の動き方が変化します。

 

将棋の【成る】ルールが分からない方は別記事で解説しているのでそちらで確認してください。

 

そちらの記事で、成るルールを適用した後の駒の動き方も解説しています。

 

>>>【簡単】将棋の成るとはどんなルールか。【解説】成り方+駒の動き方

 

まとめ:将棋初心者はまず駒の動き方のルールを覚えましょう

 

将棋初心者で、ルールをこれから覚えていきたい方は、駒の動き方をまず覚えましょう。

 

私も将棋初心者だった頃は、将棋のルールで最初に覚えたのは駒の動き方だったとおもいます。

 

その時に、わたしは駒の動き方を覚えるためにいくつか工夫をしていました。

 

ですので、参考程度になってしまうのですが、わたしが実戦していた、駒の動き方を覚えるコツを紹介していきたいと思います。

 

将棋初心者がルールを覚えるコツを公開

 

私が将棋初心者の頃にルールを覚えるために実戦していたコツは以下の2つです。

 

  1. 駒の動き方をそれぞれ寝る前に覚える
  2. 次の日の朝に駒の動き方を確認して家をでる

 

では、それぞれ深掘りしてみましょう。

 

①駒の動き方をそれぞれ寝る前に覚える

 

これは簡単です。

 

本記事にさきほど記載していました、駒の動き方を覚えて下さい。

 

この時重要なことは、【寝る前】に覚えるということです。

 

なぜなら、人間は睡眠中に暗記が定着するからです。

 

(これは聞いた事がある方も多いのではないかと思います。)

 

    睡眠中に人間の記憶が定着するという事なので、睡眠直前(寝る前)に覚えたい事である駒の動き方を覚えていました。

 

②次の日の朝に駒の動き方を確認して家を出る

 

これは、さきほどの部分と関係していることなのですね。

 

睡眠時に暗記が定着すると言うことなので、朝起きてすぐ、1度記憶したことを次の日に忘れない様にするため毎日あさから確認していました。

 

朝からそんな時間なんてないよ・・

 

  • 朝からそんな面倒なことしたくない。
  • てかそんな時間ないし

 

と感じている方も居るかも知れません。

 

ですので、その様な多忙な方は以下のタイミングで確認して見て下さい。

 

  • 朝ご飯を食べるとき
  • 朝からトイレをしている時

 

なぜなら、上記のタイミングは、ほぼ間違いなく、皆さんが携帯を触っているからです。

 

    普段ならTwitterを見ているかも知れませんが、その時だけは携帯でTwitterを眺めるのではなく、駒の動き方の確認をしてみましょう。

 

まとめ:将棋初心者がルールを覚えるコツは2つでした。

 

将棋初心者がルールを覚えるコツは以下の2つでした。

 

  1. 駒の動き方をそれぞれ寝る前に覚える
  2. 次の日の朝に①を確認して家をでる

 

どちらも全く難しい事ではないと思っています。

 

恐らくですが、2日程度行なえば完璧になるのではないでしょうか。。。

 

そうすることで、将棋を実際に始めることが可能になります。

 

    ですので、本当に将棋を始めたいと思っている方は、まずは実戦してみて下さい。

 

駒の動き方を覚えたら、どうやって始めれば良いの?

 

将棋初心者の方だったらこんな風に感じている方も居るかも知れません。

 

ですので、次は、将棋初心者のかたがルールを覚えたらどのように始めれば良いのか。

 

将棋の始め方について簡単に解説していきたいと思います。

 

ルールを覚えた将棋初心者へ。【始め方解説】

 

将棋の始め方は2STEPです。

 

  • 将棋の始め方手順その①:知識を頭に入れる
  • 将棋の始め方手順その②:環境を整える

 

基本的には、上記の2STEPで将棋を実際に始めることが可能になります。

 

将棋の始め方の詳細は別記事にて詳細があります

 

将棋の始め方手順については別記事にて詳しく解説しています。

 

恐らくここで解説するよりそちらを読んでいただける方が価値があるのではないかと思っています。

 

ですので、気になる方はそちらをどうぞ。

 

>>>将棋の始め方手順は2ステップ。【指す環境&実力の上げ方も公開】

 

まとめ:将棋の始め方は2STEPでした。

 

繰り返しになりますが、将棋の始め方は以下の2STEPです。

 

  1. 将棋の始め方手順その①:知識を頭に入れる
  2. 将棋の始め方手順その②:環境を整える

 

将棋の始め方がわかると、あとは実際に将棋を指していきましょう。

 

そうすると、恐らくですが気持ちにある変化が現れると思います。

 
<

  • 将棋を沢山指したい
  • 将棋で周りに勝てる様になりたい

 

おそらく、こんな気持ちの変化が現れる方も少なくないでしょう。
(過去の私がそうでした。)

 

ですので、さいごに、

 

  • 将棋歴8年
  • 棋力1級

 

程度の私が思っていることで申し訳ないですが、、、、

 

さいごに、将棋で強くなる4つの方法を紹介しておきますね、

 

さいごに:将棋で強くなる4つの方法

 

私が思う将棋が強くなる4つの方法は以下の通りです。

 

  • 将棋が強くなる方法その1:知識をみにつける
  • 将棋が強くなる方法その2:終盤力を身につける
  • 将棋が強くなる方法その3:手筋&定石を覚える
  • 将棋が強くなる方法その4:対局の実戦経験を積む

最低でも1級は狙えます。

 

断言します。このやり方だと最低でも1級の実力は狙えます

 

なぜなら、私自身がこのやり方で将棋の棋力1級まできたからです。

 

わたしは、プロ棋士の羽生善治さんのような才能は全くございません。

 

才能はごく凡人です。

 

    ですが、そんな私でも過去を振り返ると先程の強くなる4つの方法は大切な事だと8年の経験から感じています。

 

そしてその結果、棋力を1級まで上げる事が出来ました。

 

だからこそ、最低でも1級は狙えると言える訳ですね。

 

そして、それについて、詳しい解説をここですると、私の手が腱鞘炎になってしまう可能性があります。

 

なので、この将棋が強くなる4つの方法は別記事でも解説しているので、そちらをどうぞ。

 
 

>>>【発見】将棋が強くなる方法4つ。【勝つために意識する事3つ】