受験に落ちた時に親がかける言葉とは?辛い感情の切り替え方

生活


あなたは周りで受験に落ちた方が居ますか?

 

学歴社会の日本では受験のせいで合格する人もいれば不合格なる方も存在するという事はどうしようもないです。

 

そして中には子供や友達が受験で落ちてかける言葉に悩んでいませんか?

 

どの様な言葉が良いのかと頭を悩ませていたり励ましてあげたいと考えている方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は受験に落ちた方にかけるべき言葉を本人の気持ちや感情を落ち着かせる事を目的として紹介させて頂きます

 

 

 

 

 

[the_ad id=”948″]

 

 

 

受験に落ちた本人が最も辛いんですよね

 

当然のことですが受験に落ちで一番辛いのは本人です。

 

受験勉強を全力で頑張った人なら今までの時間や労力に一気に裏切られた様な気持ちになるんですよね・・・

 

受験に落ちてしまった本人の心境をまずは紐解いてきましょう

 

 

 

受験に落ちて辛い気持ちを切り替える事は難しい

受験に落ちて気持ちを切り替える事は困難です。

 

何故気持ちを切り替える事が困難なのか分かりますか?勿論中には受験に落ちて気持ちを切り替える事が出来る方もいらっしゃいます。

 

だって考えてみてください。

 

現実世界でも受験に落ちた事で自分で命を絶たれる方もいらっしゃいますよね?

 

もし受験に失敗した方全員が気持ちを切り替える事が出来れば自分で命を絶つという事はあり得ないですよね?

 

少なくとも私はその様に感じます。

 

つまり自分で命を絶つ事があるという事はそれだけ受験に落ちた方が気持ち切り替える事が難しいと思えるんですよね・・

 

 

大学・高校受験なら全て落ちたという事もある

大学・高校受験の場合は志望校に対して全て落ちたという場合も考えられます。

 

大学や高校は義務教育ではないので必ず学校に通えるとは限りません。

 

中学受験の場合は義務教育なので必ず学校に通うことが出来ますよね?ですので学校側も容赦がありません。

 

だからこそ志望校に対して全て落ちるという事もあるのです。

 

 

 

受験に落ちてしにたいと思う場合も最悪ありえる

最悪の場合は受験に落ちてしにたいと感じる方も存在します。

 

先程の項目と少々重なる部分があり申し訳ないのですがそれだけ受験に落ちて本人が辛いということを伝えたいんですよね・・・

 

特に受験期になるとニュースなどで受験生が自殺したという事案を目にする度に心が痛みます。

 

 

受験に落ちて本人も親への報告が申し訳ない

受験に落ちて報告が申し訳ないと感じている場合が非常に多いです。

 

受験勉強期間中には当然周りの人たちが応援してくれていましたよね?

 

つまり本人も期待されれている事を自覚しています。

 

その様な状況で受験に落ちたらどの様に感じると思うか分かりますか??

 

やはり期待を裏切ったと感じてしまいその結果申し訳なさが残るんですよね・・・

 

 

受験に落ちた時にはあなたのかける言葉で本人は気持ちが楽になるんですよ

受験に落ちたら本人は上記の様な心境に陥ってしまうんですよ。

 

 

だからこそあなたのかける言葉で気持ちを楽にさせる事が可能なんですよ。

 

分かって頂けたでしょうか??

 

むしろあなたが言葉をかける事を怠れば本人は苦しみ続ける事になるんですよね。

 

受験におちて苦しんでいるのに更に苦しめたくないですよね?

 

では、かけるべき言葉を紹介していきましょう

 

 

 

受験に落ちた時親がかける言葉は励ましの言葉

受験に落ちて落ち込んでいる時は自分で立ち上がる気力がないですよね・・

 

ですから立ち上がるためには外部からの励ましが必要です。

 

でのような言葉が良いのでしょうか?

 

 

「よく頑張ったね」・「お疲れ様」などの後ろを向かせない言葉

受験勉強を頑張って受験に落ちた事はとにかく嫌なことなんです。

 

人間は無意識に嫌な事を回避したくなる生き物です。

 

つまり受験に落ちたという嫌なことから回避させる手助けをする様な感覚で言葉をかける事で本人も気持ちが楽になりますよ。

 

 

「気持ち分かるよ」・「私と同じだね」などの共感する言葉

人間は共感してもらえる事で安心感を感じることが出来ます。

 

安心感を感じるとどうなると思いますか??

 

安心感を感じる事で孤独感から抜け出せる様になるんですよ。

 

周りが受験に合格していて自分が落ちてしまったので孤独を感じる事があります。

 

人間は孤独が最も辛く感じるんですよね・・

 

 

[the_ad id=”948″]

 

 

受験に落ちた時に励ましの言葉をかける理由は気持ちを切り替えさせる為

 

励ましの言葉をかけることで気持ちの切り替えが出来る様になるんですよ。

 

受験が終了しても人生が終了することはありません。

 

これが何を意味しているか分かりますか?

 

つまり受験に落ちてとどまっていてもいつかは次に進む必要があります。

 

では次に進む為にやるべきことは何でしょう?それが気持ちの切り替えです。

 

だからこそ気持ちの切り替えが重要でその為に励ましの言葉をかける必要があります。

 

 

 

受験に落ちた本人に親がかけるべきでない言葉は残念がる言葉

 

 

とにかく残念がる様な言葉はNGです。

 

何故だか分かりますか??最初は分からなかったんですよね・・・

 

しかし現在はその理由に本当に納得しました。

 

残念がる言葉をかけてはいけない理由は自分を追い込む事に拍車をかける事に繋がるからなんですよ。

 

受験に落ちたら申し訳なさがあるとお伝えしましたよね?

 

そこでイメージしてみてください。

 

期待を裏切ってしまい申し訳なさが残る状態で周りが残念がると本人はどの様に感じると思いますか?

 

当たり前ですが周りの残念さが申し訳さなを増幅させてしまいます。

 

その結果自分を追い込む事に拍車がかかってしまう事に繋がるんですよね・・・

 

だからこそ残念がる言葉をかけることはNGなのです。

 

 

 

受験に落ちた時には名言が意外に響く

 

受験に落ちた時は意外にも名言が刺さるんですよ。

 

その理由は基本的に名言は先人の言葉であることが多いので時を超えている分言葉の重みがあるからだと思います。

 

ではどの様な言葉が良いのでしょうか?

 

 

受験に落ちた時にかけるべき名言その1

やる価値のあることは、失敗したとしても価値がある

 

個人的には1番刺さる名言だと思います。

 

何故ならこの言葉がまるで受験を表している様に感じたからです。

 

どの様に表していると感じたか説明させて頂きます。

 

ここでいうやる価値のあることは何か分かりますか?これは当然受験勉強の事です。

 

そして失敗したとしても価値があるという部分は受験に落ちたが無駄ではないという風に捉える事が出来ませんか?

 

私はその様に捉えることが出来ました。

 

例えば受験勉強を頑張って受験に落ちたとしてもその過程の中で何かに打ち込む素晴らしさを学ぶことが出来たりするかも知れませんよね?

 

そして受験勉強がきっかけで何かやりたい事を見つけられたとすれば受験に落ちたという失敗は価値があったと後から思い返すことが可能だと思います!

 

だからこそやる価値のあることは、失敗したとしても価値があるという言葉が刺さると感じました

 

 

受験に落ちた時にかけるべき名言その2

 

失敗とは転ぶことではなく、そのまま起き上がらないことなのです。

 

まさに上記に説明した気持ちの切り替えの部分ですよね。

 

本当にこの言葉の通りだと思います。

 

いつまで立ち止まっていても次には進めません。

 

だからこそ本当に失敗は立ち上がらないことなのです。

 

 

 

 

受験に落ちたら泣く事も大事

受験に落ちたら泣く事も重要なんですよ。

 

人間は悲しいときや辛いときは自然と涙が出ます。

 

それは生理現象とほぼ近いです。

 

だからこそ泣く事も重要だと思います。

 

 

[the_ad id=”948″]

 

 

まとめ

 

 

今回は受験に落ちた時にかける言葉につて紹介させ頂きました。

 

参考になったでしょうか?

 

とにかくあなたのかける言葉によって相手は本当に気持ちが楽になるんですよ。

 

相手が苦しまずに済むように言葉をかけましょう。