電験3種の勉強法を公開!初心者でも6ヶ月で得点6割越え!

生活

 

 

 

 

 

 

皆さんは電験3種の資格を取得したい!!と考えていると思います。しかし、そん中、経験者の方もいれば中には全くの初心者の方もいらっしゃると思います。

 

初心者の方の多くはどの様な勉強方法を行なえば良いの?等と疑問を抱いていませんか??

 

そこで、本記事を読んでいて頂ければ電験3種に最短で合格する為に必要な正しい勉強方法を貴方のものにする事が出来ます!

 

 

勉強方法

 

まず は基礎数学

基礎的な数学の知識が浅い方は基礎数学から勉強する必要があります。

 

電験3種では微分積分は一切出てきません。ですので電験3種の為に微分積分の勉強を行なう必要はありません。

 

そこで、重要な事は三角関数の知識です。高校時代に皆さん勉強されたと思いますがsign・cosign・tangentの部分です。三角関数の知識は電験3種では必須になります。

 

基礎数学からの勉強を行なう方は三角関数の勉強が少し難しく感じるかと思います。

 

 

勉強する科目の順番

電験3種は理論→機械→法規or電力の順番で勉強を行ないます。

 

特に最も重要なポイントは必ず1番最初に理論を勉強するという事です。

 

最大の理由は理論は電験3種に関する最も基礎的な電気理論が試験範囲になっている科目だからです。基本的に理論がしっかり理解できないと他の3科目も理解する事が出来ません。

 

例えば、理論の中には直流回路という分野があるのですが、その直流回路では基本的な電気回路がメインになっています。

 

 

そこで、最も難しい科目とされている機械では直流回路の知識が機械科目の全分野で必要になります。特に、誘導機や同期機器では直流回路の応用問題として計算問題が出題されます。

 

もし、その様な状況で基本的な科目となる理論の直流回路の分野を理解出来なければ、当然最も難しい科目とされる機械では合格点まで点数を伸びません。

 

 

だからこそ、理論が理解できないと他の3科目を理解する事が出来なくなるので1番最初に理論から勉強する必要があるのです。

 

 

過去問の解法

一通り勉強を終えたら過去問の解法を行ないます。

 

過去問の解法を行なう際に最も重要な事実力試しとして問題に取り組むことです。

 

電験3種は基本的に類似問題は出題されません。ですので、しっかり原理の本質を理解する事で初見の問題でも解法出来る状態を作る事が重要になります。

 

そして、自分が初見の問題でもしっかり解法出来るのか否か?見極める為過去問に取り組むことで実力試しになります。

 

そして、過去問の結果から自分が本質的に理解していない部分が浮き出しになります。後は、自分が本質から理解していない部分をしっかり勉強することで自分の実力になります。

 

 

勉強時間の目安

 

基本的に電験3種の勉強時間は人それぞれです。

 

何故なら、勉強し始めた時に持ち合わせている学力には差があるからです。だからこそ勉強時間には人それぞれの個人差があるのです。

 

 

基礎数学からの方

基礎数学からの方は1000時間程度ではないかと思います。

 

電験3種は電気理論の知識も当然必要ですが高校レベルの数学の知識も必要になります。はっきり言うと基礎数学の知識が無ければ電験3種に合格することは99.9%不可能です。

 

基礎数学からの方にとって電験3種は非常に難易度が高く感じるのではないかと思います。

 

何故なら、電験3種は初心者が納得出来る様な内容でないからです。例えば、三角関数の知識が必要になるという事は説明しましたよね??

 

三角関数は普通の四則演算とは違い図を用いて自分の頭の中で思考する必要があり、その瞬間に答えを導く為の閃きが必要になります。

 

瞬間的に閃く為にはそれなりの経験が必要になります。

 

だからこそ経験が浅い初心者は難易度が高く感じるのです。その結果、膨大な勉強時間が必要になります。

 

 

電気理論からの方

電気理論からの方は600~700時間程度ではないかと思います。

 

意外に感じる方は多いと思いますが電験3種の電気的な理論は難しくないです。ですので理解する為に必要な時間はそこまで必要としないような印象があります。

 

電気理論で最も難しく感じる部分は機械科目の誘導電動機辺りだと思います。

 

何故なら、日頃の日常生活の中で目にしない部分だからです。そもそも機械という科目の内容自体がイメージが付きにくい内容になっていて、イメージが付かない分理科度が上がりにくいんです。

 

だからこそ、理解する為には少々難しく感じる様になってしまいます。

 

 

科目合格を狙うべし

 

電験3種は科目合格制度が存在します。ですので科目合格での合格をオススメします。

 

中には1発で合格を目指す方が良いという方がいらっしゃいますが個人的にはおすすめしません。

 

勿論可能であれば一発合格が可能であればそちらの方が良いですが初心者には相当難しいです。

 

 

最後に

今回は電験3種に関する情報を紹介させて頂きました。

 

最後までありがとうございました。

 

 

 

[the_ad id=”948″]