安室奈美恵は7年前に声帯を壊していた!?限界だったと告白

トレンド


昨年9月16日に引退をされましたアーティストの安室奈美恵さんについてネット上で情報が飛び交っています。

 

詳細は、安室奈美恵さんが実は7年前から声帯を壊していたという事です。多くの方が驚きだと思います。

 

本当に7年前に壊していたの?という疑問は勿論、引退の理由はまさか。また他にも何故そこまでして歌を歌うのか?等気になる事があると思います。

 

そこで、今回は安室奈美恵さんが7年前に声帯を壊していたという情報をから皆さんが気になる情報を紹介させて頂きたいと思います。

 

 

[the_ad id=”948″]

 

7年前に声帯を壊していた

なんと安室奈美恵さんは7年前に既に声帯を壊していたのです。

 

しかも、単に壊れている訳ではなく酷いときには声がほとんど出ない状況にもなっていたそうです。

 

そんな状態ではアーティストとして活動していくのはほとんど無理だということは素人の人間でも分かります。

 

そして、声帯を壊してしまったという事実はファンの悲しみを呼ぶ大きなきっかけになってしまう事になります。

 

 

引退決断の理由の1つ

声帯が壊れてしまったという事が引退決断の大きな理由の1つでした。

 

勿論、他にも多くの理由があったと思います。しかし、歌手としてお仕事を続けて行くには声帯は命の次に大切です。

 

そんな中で彼女はアーティストとしてのお仕事は出来ないと考えたのではないでしょうか?

 

そして、最終的には引退を決断する事になりました。

 

また、安室奈美恵さんご本人が『1つのゴール地点だと思っていた』と自身で公言していました。

 

今回の騒動はとあるテレビ番組の独占インタビューから情報が分かりました。

 

 

[the_ad id=”948″]

 

 

独占インタビューで発覚

今回はNHKの「平成史スクープドキュメント 第4回『安室奈美恵 最後の告白』」という番組で発覚しました。

 

インタビュー自体は引退前の撮られたもので、皆さんが気になる引退の理由を赤裸々に話しています。

 

そこで、7年前から声帯を壊している事をカミングアウトしています。

 

その時、安室奈美恵さんご本人は自分の現状を把握した上で一体どの様に感じていたのでしょうか??

 

 

限界を感じていた

安室奈美恵さん本人が限界を感じていた様です。

 

声帯を壊してしまった事でご本人が音楽活動に対して心配や不安に思う部分があった様です。

 

特に純粋に声が出なくなってしまった事もあり歌手としてお仕事をする事が難しい状況にまで陥っていました。

 

 

不安や心配を抱えながらの安室奈美恵さんは今まで応援してくれたファンの方に対してせめてものお礼としてある1つの願いがあったのではないでしょうか?

 

 

良い状態を思い出として残したかった

安室奈美恵さんはファンの方々に自分良い状態を思い出として残したかったのではないでしょうか?

 

だからこそ、まだ全力で歌うことが出来る状態の内に引退を決断したのです。

 

 

最後に

今回は安室奈美恵さんの7年前の真実について紹介させて頂きました。

 

実は7年前に既に声帯に異常があったと誰か思っていた方はいたのでしょうか?恐らくほとんどの方が知らないと思います。

 

何故なら、それだけ歌を歌うことに長けていて全く異変に気づかなかったからです。

 

今後彼女が歌を歌うことがあるかは分かりませんが多くの方は望んでいるのかもしれません。